FC2ブログ
BUD*マイペースで迷路o
キレイなことから汚いことまでoリアルに伝わるのは『イイモノ』ばかりじゃないoちょっとクセのある日記たちを、どうぞo 感想や意見はコチラまで→miyukitty_529@hotmail.com
プロフィール

みゆき

Author:みゆき
神高生徒会室とBUDの管理人o

このブログはエキサイトの携帯ホムペ【神風高校生徒会室】で書いてる日記をバックアップするために開きましたo
でも、ホムペとブログで並行して日記を書いていきたいと思います(^-^*

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

COUNTER

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

許すこと
私は今、これほどまでにないくらい、物事を悩みながら、考えています。

一時期、考えすぎで思考回路がショートしました。
それ以来、この『物事』を考えたくても考えられなくなってしまっています。

この『物事』を日記に書こうと思っても、出だしの言葉が見つからない。
そして、どうまとめていいかもわからない。

こんなことは初めてです。

考えれば考えるほど、どれが正解に近いのか、間違っているのか、わからなくなっていく。

この『物事』に関わるすべての人間が、真剣に、自分もまわりもどうすればいい方向に進めるかを考えれば、あっというまに解決してしまうことかもしれないけれど。

私の『反対側』にいるヒトは、私と同じように考えていると思う。
私に言った言葉が嘘ではないのなら、きっとそうだ。

私が今考えているのは、『許す』ことができるかできないのか、ということ。
その先のことを考えて行動しなかったら、私がすることは『向こう』と同じことになってしまう。

だからまず、『許す』ことができるのか、できないのか、それを考えている。

私は『許さない』と心に決めていた。

『許さない』対象は、あなたひとりじゃない。

でも、あなたが『対象』になったのは、『可能性』があると思ったから。
だから、許せるのか許せないのか、考えている。


今日、テレビドラマでこんなセリフがあった。
『夫婦は完璧じゃない人間同士が一緒にいること。だから傷つけあう。それでも許しあって、そして深い絆を築いていくのが夫婦だと思う』

これは、夫婦に限ったことではなくて、家族でも友達でも、恋人でも言えることだと思う。

傷つけても許して、そして絆を本物にできるなら、許さないまま、その人間と関わらないまま生きていくより、許せるほうがいいんじゃないのかって思った。

そう思えたのは、そのセリフを聞いたから。
聞かなければ『許す』なんて選択肢は私の中になかった。

あなたは私に切られても仕方がないと言った。

あなたの中には、2つの選択肢しかないの?
『切る』か『切らない』かの2つ。
『切らずに今までの関係を続ける』という選択肢と『切らずに今までの関係を見直して築き直す』という選択肢も、私の中にはある。
それは自分の力で気づいたことじゃないけれど。

あなたの心で、理解できないところはたくさんある。
陰口を『言えない』理由はわかってる。
『言うのが怖いから』『言ってもどうせ直らないし、聞かないから』そういうふうな理由のはず。

じゃあ、陰口を『言う』理由は何?

人間として好きなヒト、大切だと思うヒト、一緒にいて楽しいヒト、そんな気持ちを感じるヒトには、陰口なんか言わないよね。

やることが気に入らない、考えてることが最悪、ウザイしムカつく。

こんな理由があれば、言うか。
気に入らない人間のやることは、なんでも気に障るし。

それなら縁が切れようが、一緒にいることがなくなろうが、気にすることなんかないよね。
だって、こんな気持ちを感じる対象がまわりにいるって気持ちよくないしさ。
いないほうがいいよ。

私は陰口を知らなければ、ずっと『バカ』を見てたんだよね。
だって、陰口言ってる人間と『仲良し♪』って思いながら過ごしていくんだから。

ホント、最悪。バカみたい。

そんな関係が『友達』って言えるの?

『友達』の定義みたいなのってヒトそれぞれだと思うけど、陰口言ってる表面上の仲良し付き合いを『友達』って思ってるような人間とはお付き合いしないほうがマシです。
ひとりのほうが幸せ。

自分の好きなことを思う存分話せるヒト、一緒にいて楽しいヒト、そんなヒトと『友達』やればいいじゃない。それで楽しく満足ならね。

陰口を言いたくなる対象の私が、どうして『友達』とか『いい関係』の枠の中に入ってるの?
不思議で仕方ない。

そもそももう、『友達』なんて関係自体、成り立っていたのかどうかもわからない。
私が『陰口』を知らなければ成り立っていただろうけど。
前から友達だったから、友達って枠からはずれてもその枠の中に入ってると思い込んでるだけなのかもね。

・・・だんだん考えがよくわからなくなってきた。

どっちがしていることが正しいとか、そんなことはわからない。
お互いの考えを批判し合っていても、平行線で何も変わらない。

完璧じゃないから、完璧を求めることもしないし、求められたくない。

だからって、何もしないことは違うと思う。

もし、『良く』なるかもしれない未来があるなら、それに完璧に合わせられなくても、近づくことはできるはず。
だから私は許せるかどうか、考えている。

私はただ、陰口を言われたくないだけ。
陰で言うならメールでも直接でもいいからちゃんと言ってほしい。
言われたらムカつくだろうし、反論するかもしれない。
でも、それをちゃんと受け止めてお互いにそれができたら、ホントに『友達』になれた気がする。
実際そう思えるヒトがいるから。

別に、なれないヒトは無理にそうなってとは言わない。言う気もない。
表面上の付き合いをするってこと。
それがある意味、まわりとうまくやっていく形になるのかもしれない。

陰口言いながらも付き合いたいならそうしていけばいいよ。
そのヒトなりに、得られるものもあるんでしょうから。
そういう付き合い方が性に合ってるってことだろうし。

私はそれに疲れたというか、なんか嫌だから、ちゃんと向かい合えるヒトと付き合おうと思った。
今まで向かい合わなかったから、ちゃんとできるようにしようって。
陰口言いたくなるヒトと遊んだりするのって、ストレス溜まるから。
言われてるのを知ると嫌な気分になるしね。

私も傷つけるから、きっと相手にも傷つけられるだろう。
でも、それを許しあっていけたら、それはなんだか、素敵だと思うんだ。
キレイ事かもしれないけどね。
そうなれるヒトになりたいから、言葉に近づいていく努力をしたい。

それに合わないヒトとは、切れるか、表面上の付き合いをしていくことになるのかもしれないけど。

言いたいことも考えてることもさっぱりまとまらない。
最近はずっとこれの繰り返し。

まだまだ考える時間は必要みたい。
とりあえず、焦らないで考えてみようと思う。

スポンサーサイト



TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://msbudiary.blog63.fc2.com/tb.php/383-4e25250c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
[ Template help ]